花粉症舌下免疫療法

要約

 スギ花粉症舌下免疫療法はスギ花粉エキスを毎日舌の下に入れて免疫を作り、花粉症を緩和する治療法です

解説

 スギ花粉症舌下免疫療法はアレルギー原因物質であるスギ花粉エキス製剤を毎日少しずつ舌の下に入れて免疫を作り、花粉症の諸症状を緩和する治療法です。抗アレルギー剤などを使った治療法が薬が効く時間に限りがあるのに比べて、いったん免疫を作ると治療をやめた後も免疫効果が数年単位で継続することが大きな違いです。免疫を作るという意味では予防接種に似ているかもしれません。一度にたくさん取り入れると激しいアレルギー反応が起こるかもしれないので少量ずつ時間をかけて作る免疫と考えてください。

対象

採血や皮膚の反応でスギ花粉症が確定されている方。年齢制限はありませんが安全性や効果を確かめる「治験」は5歳以上を対象として行われましたので、5歳以上を対象と考えてください。

方法

錠剤タイプと液体タイプとがあります。錠剤は最初の1週間は低用量の錠剤を毎日服用し、2週目からは高容量の錠剤に切り替えます。液体タイプは最初に2週間かけて徐々に服用量を増やし、3週目から毎日同じ量を服用します。どちらもその後3年から5年程度続けていただきます。 服用法は錠剤なら1分間、液体なら2分間は薬を飲み込まずに舌の裏側に保持してから飲み込みます。

効果

効果は徐々に現れます。治療を始めて最初の花粉症シーズンはそれほど高い効果は出ないことが多く、例年より症状を若干軽く感じたり、鼻炎薬などの使用が少なく済めば効果が出ていると推測します。2年目、3年目と効果は上がっていきます。
残念ながら効果のない方も2割程度います。今のところあらかじめ効果の出る人と出ない人を見分ける方法は見つかっていません。 効果のある方が治療を3年から5年継続すると服用をやめた後も免疫が数年間残ると考えられています。

副作用

最も多い副作用は口内炎や口の中の腫れ、のどのかゆみといった局所の症状であり、治療開始から3か月以内に起こりやすいのですがやがておさまります。喘息のある方は発作を誘発する可能性があります。 重篤な副作用はたいてい体調の悪いときや激しい運動をした時など、副作用の起きやすい状況で発生すると考えられています